たまゆら葬社 >

永代供養墓とは、簡潔に言うと、親族などお墓参りをしてくれる人がいない故人を代わりにお寺が永代にわたり、供養、管理をしてくれるお墓のことです。このお墓は、基本的に他の方と同じ納骨室に安置されるので、

  • 合祀(ごうし)墓
  • 合同墓
  • 合葬(ごうそう)墓
  • 共同墓
  • 集合墓
  • 合葬式納骨堂

などの名前があります。

お寺によっては、

  • 永久供養塔
  • 倶会一処(くえいっしょ)墓
  • 永代納骨堂
  • 生前個人墓永代供養廟(びょう)
  • 永代納骨廟
  • 永遠墓

などの呼び方が存在します。

お寺が永代に遺骨の管理、供養をしてくれるので、個人墓でなければ墓石代は必要なく、墓地の使用料も割引になります。なので通常のお墓よりも、費用が安いのが特徴です。永代供養墓の料金は、一式で10万円から100万円以上とバラバラです。これは、納骨の方法や形式によって異なるからです。基本的な平均は、30万円から50万円くらいが妥当だと思います。また、永代供養墓にかかる料金を一度払ってしまえば、のちに管理費やお布施、寄付金を渡す必要はありませんが、生前に申し込む場合は、年会費か護寺費、年間管理費が必要なお寺もあるので、事前に確認しておくことも必要だと思います。また、永代供養墓であれば、生前の宗旨宗派は関係なく、宗旨宗派にこだわる必要もないのが特徴です。ですが、少数派になりますが、お寺の中には、宗派を再び信仰することを条件に設定しているお寺もあるので注意が必要です。

たまゆら葬社では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。

ご葬儀の質問・ご相談はたまゆら葬社 0120-077-009 までご連絡ください。

自分の宗派がわからないケースはよくあります。昔と違い、現代はご自分の宗派がはっきりわからない、という方は多くいます。特にお墓がなかったり、ご先祖様がいないケースなのですが、このような場合は、自分の宗派を実家の宗派に合わせるのが最も多い形です実家の宗派については、実家や親類に尋ねるとわかるケースがほとんどです。ただし、宗派の合わせ方にも注意しなくてはいけない点もあります。

例えば、自分の母親が他界したとします。このケースでは、母親の実家の宗派でお葬式をするのではなく、母親が嫁いだ先である、父親の実家の宗派に合わせます。父親が亡くなったのであれば、当然、その父親の実家の宗派に合わせてお葬式を行います。ただ、婿養子の場合は、実家が母親側になるので、そちらの宗派に合わせます。

ですが、必ず宗派を合わせなければいけないのか?と疑問に思う方もいると思いますので、合わせる必要はないのです。故人が「自分は自由葬を希望する」などの遺言があり、遺族がそれに従いたい場合、無理に実家の宗派に従う必要はありません。同じく、あなたが亡くなった時に「実家の宗派に従わない」と遺言として残していれば、遺族は実家の宗派に沿う必要もありません。

ただ注意点として、「後に残された遺族が亡くなった時、その前の方が宗派に従っていない葬儀をした場合、菩提寺が受けつけてくれないケースもある」ということを覚えておきましょう。

 

たまゆら葬社では、事前にてお葬儀の相談も受け付けております。疑問や質問など、気になる事がありましたら、なんなりとお聞きください。また、ご自宅葬、公営斎場での葬儀を推奨しております。ご葬儀のご相談、お問合せはたまゆら葬社までご連絡ください。